夏公演「リア王-KING LEAR-」

更新日:8月14日


東北えびす・夏の公演決定! 渡部ギュウプロデュース公演

2022年8月3日(水)~7日(日) エルパーク仙台ギャラリーホール


新訳台本・演出 宮島春彦  原作 シェイクスピア  劇中曲 ロジャー大葉



この夏、シェイクスピア超弩級作品「リア王」に全力で挑む!

孤独な独裁者が荒野の中で、覚醒する。

今を生きるために、この物語が必要なんだ。

 

イギリスの劇作家シェイクスピアの悲劇(5幕)。1605年頃執筆。

古代ブリテン(2000年ぐらい前のイギリス)が舞台。


リアは 80歳をこえ、国を3人の娘に分配する決意をする。長女ゴネリルと次女リーガンは言葉巧みに父への愛を表明するが、末娘コーディリアは控え目に答えるだけである。

怒ったリアは2人の姉娘に領土を与え,末娘を勘当する。しかし姉娘たちはリアを虐待し,狂乱した彼は嵐の荒野をさまよう。一方、フランス王と結婚したコーディリアはこれを

知り、軍を起して父を救おうとするが、逆に捕えられて殺される。


人間の権力への過信、忘恩、正気と狂気、仮象と真実などの問題が、主筋と副筋との緊密な交錯のなかで展開される壮大な物語。リア王を渡部ギュウが、王の三姉妹を在仙女優達がダブルキャストで熱演!

チケット予約は2022年6月20日(月)10:00から







 

差別的な用語や表現がありますが作品の時代背景や原作者の意図を尊重し、そのまま上演いたします








タグ: