00001.png

仙臺まちなかシアター

食と芸術をつなぎ

おいしく感動するための企画です

舞台は仙台市内の飲食店

皆さんもよくご存じの

あのお店やこのお店・・・

そのなかには、

まだ知らない素敵なカフェや

行ってみたかったイタリア料理店

気になっていたお蕎麦屋さんも

居酒屋さんも、あるでしょう

素敵なお店の中でゆったりと

日本文学にふれてみませんか?

在仙実力派俳優たちが

​心に響く数々の朗読劇を

美味しいお料理とともに

お届けいたします

​どうぞ豊かな時間を

ゆっくりとお召し上がりください

2022

後 半

「小さな演劇祭」をお楽しみいただいた後は、いよいよ「2022年度まちなかシアター後半」、スタートいたします!

皆様、ぜひごゆるりと、在仙俳優・有名店がお届けする「贅沢時間」をお楽しみください。



​各回はそれぞれ予約ボタンから、お申し込みが可能です。

お支払いは当日、受付での清算とさせていただきます。キャンセル・予約変更は前々日20時までにお願い致します。

3DSC_3675.jpg

一部 演劇クラブ昼コース発表会

 愛と美について/太宰治

二部 文豪たちの恋愛論2022/芥川龍之介

SENDAI KOFFEE CO.

10月25日(火)

Info

  • 会場 SENDAI KOFFEE CO.

  • 時間 一部​/14:00~   2部/18:00~

  • 席数 25席 

  • 料理 一部​/ワンドリンク&ケーキ2,000円

​      二部/ワンドリンク&ケーキ3,500円

      *ケーキのお持ち帰り注文可

  • 出演 一部/野呂光江 柴田こずえ 竹中美智子
     神孫子恵子 亀井弘 渡部ギュウ 橋浦あやの(GUEST)
​   二部/野々下孝 橋浦あやの 渡部ギュウ 
Story
個性的な5人兄弟が暇つぶしに物語を連作する「愛と美について」。”近代文学に名を残した作家たちは、恋愛なるものをどのように考えていたのか”がテーマの「文豪たちの恋愛論」。いずれも、作家たちのちょっと違う一面が垣間見える、味わい深い作品です。
1DSC_4625.jpg

死にたくございませぬ~太宰治の手紙

da gennaro

​ダ・ジェンナーロ

​上演延期となりました。

Info
  • ​会場 da gennnaro(ダ・ジェンナーロ)
  • 時間 19:00~(18時開場) 
  • 料金 パスタかピザを選べるミニコース
         &ワンドリンク付 4,500円
  • 席数 30席 
  • 出演 原西忠佑 渡部ギュウ
  • ​楽士 丹野富美子(マリンバ)

※飲食後の観劇となります。18時までにお越しください。

 

Story

太宰治の手紙をまとめた一冊の本。そこには、自己破滅型でもセンセーショナルでもない、明日を信じ、未来を信じ、生きていこうとする一人の普通の人間の姿がありました―――――――。
昭和の文豪が、どんな思いでしたためていたのか。手紙を通し、太宰の本質に迫ります。

20220730縺セ縺。縺ェ縺九す繧「繧ソ繝シ闖ッ縺ョ邵・3DSC_3328.jpg

三重県MPAD参加公演

料理をたのしむ 演劇をたのしむ 秋のおたのしみ

一人語り

みちのく/岡本かの子

11月17日(木)

Info
  • 出演 菊池佳南  
  • 楽士 山本純    
Story
幕末から明治時代にかけて、現在の宮城県仙台市に実在した仙台四郎。商売繁盛の神様としても祀られている四郎には、知られざる“恋の物語”がありました…。儚くも美しい恋物語を、チェロの音色とともにお届けします。

※MPADとは…2011年よりスタートした、三重の演劇祭です。

Mie(三重県)で、Performing Arts(舞台芸術)を、Dinner(夕食)・Dining(食事)・Delicious(美味しい)、の頭文字を取って「MPAD」。三重県内の飲食店・寺院を会場に、素敵な料理と俳優の身体を通じて名作・古典を読むリーディング公演をセットで楽しむことができます。

鮖ソ關ス蝣・1DSC_4321.jpg

野菊の墓/伊藤左千夫

 

鹿落堂

 12月6日(火)

Info
  • 会場 鹿落堂
  • 時間 一部16:00~/二部19:00~(18時開場)
  • 料金 お土産わらび餅&1ドリンク付 3,500円
      自家製粉十割蕎麦御膳付 4,000円
  • 席数 30席 
  • 出演 芝原弘 片倉久美子
  • ​楽士 石垣弘子(ピアノ)
 ※二部は飲食後の観劇となります。18時までにお越しください。
 
Story
思い出すと涙が止まらなくなる、ある少女との物語。
​野菊のような少女との、一瞬一瞬が宝石のような日々。美しい野山の中で育まれる静かな初恋、そして
子供から大人へと変わるそのはざま――――――。
純粋な恋の物語を、広瀬川の眺望をのぞみながらじっくりと味わってみませんか。

小さな秋の演劇祭 
 

001.png

9月29日(木)・30(金)・10月1日(土)

エルパーク仙台ギャラリーホール

終了しました

3DSC_5825.jpg

三十年後のニッポンを考える

 朗読劇&ライブ 

「半減期を祝って」

 津島佑子 

1

9月29日(木)

Info
  • 時間 18:30~ 
  • 料金 2,000円 (ワンドリンク付き)
  • 出演 絵永けい(俳優) 

           苫米地サトロ(シンガーソングライター) ​

 

 

Story

みなさま、おなじみのセシウム137は無事、半減期を迎えました。祝いましょう!
10年前の震災と
原発事故から非難し、トウキョウの高層マンションから一人地上を見つめる老女は…津島佑子、最期の作品を、苫米地サトロさんの歌声とともにお送りします。

 Special

アフタートーク&交流会 / 19:30-20:30

20220429_140903568_edited.jpg